2019年01月

    1: 名無し 2019/01/30(水) 09:59:04.11
    1月16日、コーチ会議を行った巨人が、2月1日からスタートする宮崎キャンプのスケジュールを発表。それは3日に早くも紅白戦を敢行するというのだ。

    キャンプ序盤は走り込みを中心に体力づくりを行うのが球界の“常識”だ。
    その後、キャンプ中盤から紅白戦を始め、3月のオープン戦に向けた実戦練習と一、二軍の振り分けを行うのだが、それが今季から一変する。変革の理由とは?

    「紅白戦は一軍の若手と二軍選手中心となっているが、ベテラン陣の方が気を揉んでいる。
    内海哲也、長野久義がFAの人的補償で放逐された今、『次は自分の番か』と…。とりわけ、控え捕手の阿部慎之助は心中穏やかではないだろう。
    紅白戦の早期実施は、実は中日時代、落合博満監督の『オレ流』を真似た“ロートル狩り”。阿部に引導を渡すのが狙いという情報もある」(スポーツ紙デスク)

    中日の監督に就任した当時の落合氏と、今季巨人の監督に就任した原辰徳氏(60)は、チーム状況が酷似している。ともに前年まで4年連続V逸。
    どん底にあるチームの再建を託され監督に就任したからだ。

    そんな当時の落合氏が実施したのが、キャンプ序盤からの紅白戦だった。ベテランも若手も分け隔てなくガチンコ勝負させ、必要な戦力をふるいにかけた。

    結果、不満分子になりかねないロートル選手はベンチに追いやられ、監督在任8年でリーグ優勝4回、2位3回。
    クライマックスシリーズでリーグ優勝した原巨人を打ち負かし、日本一に輝いたこともあった。

    当時、敵将として身をもって「オレ流」を体感した原監督。思い切った血の入れ替えと選手の若返りでV奪還を目論んでいるのだ。

    それを窺わせたのが、大相撲初場所で初日から3連敗を喫し、引退した横綱稀勢の里への、原監督からのコメントだ。

    「燃え尽きたんでしょうね。ご苦労様ですね。相撲の世界の厳しさでしょう」

    昨年の秋場所千秋楽から8連敗で、横綱としてはワースト記録を更新。
    それを考えれば、稀勢の里の引退はしごく当然なのだが、
    「聞きようによっては、ポジションがないまま巨人ベンチのボスに君臨し続けるベテラン、阿部への当てつけとも取れる」とは、前出のスポーツ紙デスクだ。

    阿部は、’00年のドラフト会議で1位指名され、’01年の開幕戦からスタメンの座に座り、正捕手として長嶋巨人、原巨人を牽引してきた功労者だ
    しかし、近年は故障続きで、’16年からは一塁手に転向。その一塁にも、昨季から新四番の岡本和真(22)が定着した。
    今季から捕手に復帰し小林誠司(29)から正妻の座を取り戻す心づもりのようだが、原監督に「捕手・阿部」というプランはない。

    「目立たないが、小林は3年連続セ盗塁阻止率1位で投手陣の信頼も厚い。しかもこのオフ、西武から捕手の炭谷銀仁朗(31)を獲得した。
    若手捕手の大城卓三、宇佐見真吾らも成長しており、これだけライバルが多くては、紅白戦の出番さえないのが現実だ」(同)


    http://dailynewsonline.jp/article/1671615/?page=2
    2019.01.29 17:45 週刊実話

    引用元: ・【野球】巨人 原監督が長嶋派一掃 阿部へ下す「引退勧告」

    【 原監督が長嶋派一掃へ  阿部へ下す「引退勧告」 】の続きを読む

    1: 名無し 2019/01/30(水) 18:18:04.53
     広島・長野久義外野手が30日、キャンプ地の宮崎県日南市で行われている合同自主トレに参加した。

     グラブ、シューズはカープカラーの赤を使用。活気ある雰囲気のなか、キャッチボールやベースランニング、外野ノックなどで汗を流した。
     練習の合間には菊池涼や松山らと談笑。前日には「いきなり1日からユニホームを着て『よろしくお願いします』というのも大変だと思う。早く入って少しでも顔を合わせられたらいいかなと」と話していたが、新たな環境で一歩を踏み出した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00000058-dal-base

    こいつコミュ力バケモンやろ

    引用元: ・【朗報】元・巨人の長野さん、広島に一瞬でウキウキで溶け込む

    【【朗報】元・巨人長野さん、広島に一瞬で溶け込む www】の続きを読む

    1: 名無し 2019/01/30(水) 16:32:52.95
    さらに質疑応答の時間は報道陣に混ざって「背番号はいかが?」ときわどい質問を投げかけた。

     新たに背負う「24」は、昨季まで長く高橋前監督の代名詞だった。
    クックが「よくは知らないが、歴史ある番号と聞いている」とどうにか切り抜けると、
    指揮官は意味深な笑みを浮かべ「巨人では素晴らしい番号です」と教授していた。
    https://www.zakzak.co.jp/smp/spo/news/190130/spo1901300003-s1.html

    引用元: ・【巨人】原監督「背番号24はいかが?(ニチャア」クック「よくは知らないが、歴史ある番号と聞いている」

    【原監督 ヨシノブの24を新外国人クックに ←これどうよ】の続きを読む

    1: 名無し 2019/01/30(水) 20:23:10.04
    どうして通算305本塁打のレジェンドが贔屓にいた事を認めたくないのか

    引用元: ・ヤクルトファン「広澤は巨人OB」巨人ファン「広澤は阪神OB」阪神ファン「広澤はヤクルトOB」←これ

    【広澤さん どこのOB???】の続きを読む

    1: 名無し 2019/01/30(水) 00:29:49.26
    阿部、炭谷と比べて存在感が薄かったのが小林だ。ブルペンでドラフト1位・高橋優貴投手(21)の球を受けたが、メディアでは高橋の話題ばかりが取り上げられ、巨人の正捕手候補としては注目度を欠いた。
    小林は昨季から打力の低さが指摘され、正捕手の座をつかみ切れないでいた。これに加え、今年1月上旬に写真週刊誌に車での衝突事故を報じられ、フロントの怒りを買ったという。

    球団関係者は「小林の事故の発覚が、長野が丸の人的補償として広島への移籍が決まってすぐのことでタイミングが悪すぎた。
    巨人への批判が高まっている状況で、フロントをはじめ球団がピリピリしていた中での事故報道だったので、関係者の怒りは相当なもの。
    この一件でレギュラーの座が遠のいたとの声も上がってます」と語った。
    https://www.j-cast.com/2019/01/29349139.html

    引用元: ・【巨人】小林さん、フロントの怒りを買う

    【小林さんへのフロントの八つ当たり 】の続きを読む

    このページのトップヘ